ねむれるしし

ねむれるしし・極級 攻略

クエストデータ

難易度

400

消費体力

10

クエストをクリア 真・エンハンスソード
アイテムを使用せずにクリア トラストモーグリ(ALL10%)
幻獣を召喚してクリア ★5セレクト召喚チケット
「ねむれるしし」戦を20ターン以内でクリア スーパートラストモーグリ交換チケット×5

敵の主要データ

ねむれるしし

名前

ねむれるしし


種族

獣系


最大HP

9億9000万


最大MP

20万

99% 99% 99% 99% 99% 99% 99% 99%

※無属性に対して55%の耐性を持つ

暗闇 睡眠 沈黙 麻痺 混乱 病気 石化
無効 無効 無効 無効 無効 無効 無効 無効
ストップ 魅了 バーサク ゾンビ
攻撃ダウン 防御ダウン 魔力ダウン 精神ダウン
× × ×
●弱点武器によるブレイクゲージの減少量
大剣 ロッド 楽器 格闘
2.223% 2.223% 4.446% 2.223%
●ブレイクによる変化
  • ブレイク中はステータスが下がり、無属性以外の属性耐性の基礎値がゼロになる(ステータスについても属性耐性についても、デバフがかかるわけではなく、デバフも別途効果がある)
  • ブレイクは1ターンで終了する(ブレイク状態の敵を攻撃できるのは、ブレイクしたターンと、その次のターンだけ。また、ブレイクによって敵の攻撃の威力が下がるのは、ブレイクしたターンだけ)

敵の行動の概要

 行動パターンは、真降臨の間の「極級ではないほう」と同じ(具体的には聖霊殿エルティラB15Fの3戦目を参照)。ただし、一部のアクションの名前や効果に違いがある。詳細は以下のとおり。

  • 『ねむりにつく……』に、パーティ全体への睡眠効果がある。また、自分の火、雷、水、闇属性耐性をデバフで99%下げる効果も持つ
  • 『まどろんでいる……』に、自分の氷、風、土、光属性耐性をデバフで99%下げる効果がある
  • 『妨眠の怒り』の名前が『寝がえり』に変わった
  • 『逃れ得ぬ螺旋角』が、引きつけ無視になった
  • 『ししの荒爪』によるデバフが、「防御&精神ダウン」から「攻撃&防御&魔力&精神ダウン」に変わった
  • 『爆轟のメテオ』と『天穹崩落』が、かばう不可になった

攻略法

 以降では、「残りHP以上のダメージを受けても、HPが1または1%残って耐える」ことを、「食いしばり」と表記する。

バランス型

●メンバー
デスペル役
兼デバフ役
リレイズ役 魔法壁役 ブレイク役 攻撃役 攻撃役
●ユニットごとの詳細

ユニット 必要なもの
デスペル役
兼デバフ役
  • ゾンビ以外の全状態異常耐性
  • 食いしばりの能力
  • デスペル系のアビリティおよび、それと一緒に使用可能な、敵の攻撃を大幅に下げるデバフ
  • できる限り高いHPと精神
リレイズ役
  • ゾンビ以外の全状態異常耐性
  • 食いしばりの能力
  • 少なくとも2ターンに1回、味方全体をリレイズ状態にする手段
  • 味方全体の戦闘不能を解除する手段(パーティの耐久力次第では不要)
  • できる限り高いHPと精神
魔法壁役
  • ゾンビ以外の全状態異常耐性
  • 食いしばりの能力
  • 全体かばう
  • 100%の引きつけ率(コマンドでもOKだが、装備だけで100%にするとラク)
  • ダメージカットや魔法ダメージカットの強力なバフ
  • できる限り高いHPと精神
ブレイク役
  • ゾンビ以外の全状態異常耐性
  • 食いしばりの能力
  • 楽器の二刀流
  • ブレイクに適した攻撃(このページの末尾を参照)
  • 味方の戦闘不能を解除する手段(必須ではない)
  • 味方のHPやMPを回復する手段(必須ではない)
  • できる限り高いHPと精神
攻撃役
  • ゾンビ以外の全状態異常耐性
  • 食いしばりの能力
  • なんらかの属性攻撃(属性を付与する場合は、毎ターン付与できることが条件)
  • 攻撃に使うのと同じ属性耐性を大幅に下げるデバフ(毎ターン使用できることが条件)
  • 獣系のキラーアビリティ
  • 攻撃能力を犠牲にしすぎない範囲でHPと精神を上げる

  • 要素を網羅できていれば、役割を分散させてもいい。例えば、敵の属性耐性を下げるのは、攻撃役以外のユニットが行なってもかまわない
  • MP不足に陥るようなら、MP自動回復の装備を持たせたり、ポットで最大MPを上げたりして補うこと
●カウンターについて

 ねむれるししにダメージを与えず、リミットバーストも使わなかったターンでは、敵は攻撃してこない(2ターン連続でそうした場合を除く)。よって、敵の攻撃で予想外の被害受けても、攻撃の手を止めてリミットバーストも使わないようにすれば、安全に立て直すことができる。
 ただし、前のターンにカウンターでねむれるししにダメージを与えてしまうと、それは「次のターンでの攻撃」と見なされて、攻撃を止められない。そのため、パーティに入れるのは「カウンターを持たないユニット」にしたほうが安全だ。とはいえ、ほかの条件を満たすユニットがほかにいなければ、カウンターがあってもそのユニットを採用し、行動のしかたを工夫して乗り切るしかない。

サンプルパーティ

サンプルパーティ

役割 ユニット 備考
デスペル役兼デバフ役 不撓の戦士マキナ 潜在解放が必須
リレイズ役 エリア 潜在解放が必須
魔法壁役 聖騎士セシル
ブレイク役 白魔道士ローザ
攻撃役 ティファ NV覚醒が必須

 この5人に加えて、同行者として2体目のティファを借りる。なお、これはあくまでサンプルにすぎず、このとおりでなければならないわけではない。

戦いかた

●先制攻撃に耐えるには

 敵は、先制攻撃で『メテオ』を使用する。威力は高いものの、HPや精神を大きく上げておけば耐えられないことはない。また、ステータスが不十分でも、食いしばりの能力さえあれば、戦闘不能になるのは避けられる。

●デスペル+デバフで物理攻撃に対抗

 ねむれるししの攻撃は極めて強力だが、物理攻撃については、デバフで威力を劇的に下げることができる。『ねむりにつく……』や『深い眠りについている』で敵にかかる攻撃アップのバフを逐一解除して攻撃ダウンのデバフをかければ、こちらが受けるダメージは、現実的に十分耐えられるレベルに抑えることが可能だ。
 そのためには、「敵にデスペル効果を与えてから攻撃ダウンのデバフをかける」という行動を1ユニットだけで行なうのがベスト。該当する行動が可能なユニットとしては、以下のようなものがいる(一例)。不撓の戦士マキナは、2番目の行動で『エレメントウィーク』を使えば、属性耐性を下げる役割も担えて便利。都合のいいユニットが見つからない場合は、デスペル役とデバフ役を別々に用意しよう。

ユニット 行動のしかた デバフによる
攻撃の低下量
不撓の戦士マキナ 『ウィークネスドライブ』+ほかの行動ひとつ 70%。2番目の行動で『スタンブレイド改』を使えば75%
ベイオウーフ 『デスペル』+『チキン』 70%
ダンディな獣人ペツォッタ 『ベンダバール』 70%

※闇騎士レオンハルトは『消失の剣』+『堕落の剣』、アルドール王レインは『ナリファイセイバー』+『真・アンダーマイン』で同じことができるが、攻撃の低下量が50%しかなく、それでは不十分

●基本的には決まったパターンの繰り返しで戦える

 敵の行動は、ある程度ならこちらの意志でコントロールが可能。敵が『ねむりにつく……』を使ったあとは魔法や幻獣召喚で攻めず、逆に『まどろんでいる……』を使ったあとは魔法や幻獣召喚だけで攻めれば、強力な攻撃を受けるのを避けられる。しかし、魔法や幻獣で攻めているようでは、20ターン以内に倒すのは相当難しい。『まどろんでいる……』のあとでも、強力な攻撃を受けることは覚悟してアビリティで攻めたい。
 具体的な戦いかたは以下のとおり。『天穹崩落』への対応(後述)以外は、このパターンの繰り返しでOKだ。

●『ねむりにつく……』の次のターン
ユニット 行動のしかた
デスペル役兼デバフ役 敵のバフを解除したあと、攻撃ダウンのデバフをかける
リレイズ役 魔法壁役(できれば味方全員)をリレイズ状態にする
魔法壁役 全体かばう、引きつけ、ダメージカットを維持
ブレイク役 敵をブレイクする。ブレイク中は、(可能なら)味方のHPを回復
攻撃役 敵の属性耐性を下げつつ、チェインしながら攻撃

 こちらの行動後、敵は単体物理攻撃と『メテオ』を使ってくるが、前者は誰が受けても問題なく、後者は魔法壁役で受け止められる。万が一に備えて魔法壁役を(できれば全員を)リレイズ状態にしておけば万全。

●『まどろんでいる……』の次のターン
ユニット 行動のしかた
デスペル役兼デバフ役 敵のバフを解除したあと、攻撃ダウンのデバフをかける
リレイズ役 味方全員をリレイズ状態にする
魔法壁役 全体かばう、引きつけ、ダメージカットを維持
ブレイク役 敵をブレイクする。ブレイク中は、(可能なら)味方のHPを回復
攻撃役 敵の属性耐性を下げつつ、チェインしながら攻撃

 こちらの行動後、敵は単体物理攻撃、『バクテリオファージ』、『爆轟のメテオ』を使ってくる。物理攻撃は誰が受けても問題なく、『バクテリオファージ』は状態異常耐性で無効化が可能。『爆轟のメテオ』では、魔法壁役以外は到底耐えられないほどのダメージを受けるが、全員をリレイズ状態にしておけば問題ない。

●最適なブレイク方法

 敵をブレイクすることは、攻防両面で非常に役立つ。弱点武器を利用して、すばやくブレイクしていくことが重要だ。
 ねむれるししのライブラ時には、弱点武器として大剣、ロッド、楽器、格闘の4種類が表示されるが、楽器でブレイクゲージを減らせる量は、大剣、ロッド、格闘の2倍。ブレイク役は、必ず、二刀流で楽器を装備しよう(『楽器装備』のアビリティは、スタークォーツと交換で、モーグリの街のデブチョコボから入手可能)。
 楽器の二刀流なら、12回の攻撃で、ブレイクゲージを100%からゼロにできる。白魔道士ローザが『輝きの連矢』を2回発動すれば、攻撃回数は最低でも12回になるため、1行動で確実にブレイク可能。ブレイク中は回復役にもなれるおかげで、ブレイク役に最適だ。このユニットを持っていない場合は、ほかに都合のいいユニットを探そう(このページの末尾も参考に)。

※2020年6月30日の仕様変更により、ブレイクに2行動必要になった。そのぶん難易度が上がっている

●属性攻撃で大ダメージを与える

 ねむれるししは全属性に対して99%の耐性を持つが、ブレイク中はこの耐性がゼロになる。属性耐性ダウンのデバフも別途効果があるので、両方を利用して与えるダメージを増やしたい。前述のとおり、デスペル効果を毎ターンかけることになるので、属性耐性ダウンのデバフも毎ターンかけ直すこと。
 なお、敵は『ねむりにつく……』と『まどろんでいる……』で自分に属性耐性ダウンのデバフをかけるが、それらによる耐性の低下量は99%なので、低下量が100%以上のデバフをこちらからかけたほうがいい。

●リレイズ+食いしばりで『爆轟のメテオ』の3連発をしのぐ

 『爆轟のメテオ』は、最初のうちは2連発される。その1発目で倒されたとしても、リレイズで復活すると2発目は当たらないので、リレイズ状態になっておけば怖くない。
 しかし、敵のHPが残り60%以下になってからは、『爆轟のメテオ』は3連発されるようになる。すると、1発目で倒されてリレイズで復活すると、3発目を受けてまた倒されることになってしまう。
 この3連発は、リレイズと食いしばりを組み合わせてしのごう。両者を併用すれば、以下のどちらかの流れになって、確実に耐えることができる。

【食いしばりを未消費だった場合】
1発目を食いしばりで耐える→2発目で倒されてリレイズで復活→3発目は当たらない

【食いしばりを消費済みだった場合】
1発目で倒されてリレイズで復活(食いしばりが未消費に戻る)→2発目は当たらない→3発目を食いしばりで耐える

 デフォルトで食いしばりを持たないユニットには、食いしばりのついた武具やアビリティ(下記は一例)を装備させる必要がある。発動確率が100%のものをそろえられない場合は、複数の食いしばり効果を持たせるといい(どれかひとつでも発動してくれれば耐えられる)。

名前 種別 発動条件 発動確率 入手方法
ヤヌスの眼鏡 アクセサリ 残りHP1%以上 100% クイーンのスーパートラストマスター報酬
チョコボの羽飾り アクセサリ 残りHP1%以上 100% フィーナ&チョコボのスーパートラストマスター報酬
ヲルバの祝福 アビリティ 残りHP1%以上 100% 宿命の少女ヴァニラのスーパートラストマスター報酬
女神の祝福 アビリティ 残りHP1%以上 100% セーニャのスーパートラストマスター報酬
炎式エナジーバヨネット 武器:銃(両手) 残りHP1%以上 100% 鳳凰ジェイクのスーパートラストマスター報酬
レノのゴーグル アクセサリ 残りHP50%以上 90% レノ(FFVII REMAKE)のスーパートラストマスター報酬
シャドウウォリアー アビリティ アルフェーグ戦(十二武具・ラグナロク)のチャレンジミッション報酬
王女への忠誠心 アビリティ 残りHP1%以上 20% ネリネのトラストマスター報酬
タフネスリング アクセサリ 残りHP80%以上 20% (期間限定)

●『天穹崩落』に耐えるためにダメージをコントロール

 敵は、HPが初めて残り80%以下、50%以下、20%以下になったターンで『天穹崩落』を使ってくる。耐えるのが非現実的なほど威力が高く、攻撃が多段ヒットするうえにその継続時間が長いため、食いしばりとリレイズを併用しても、復活後にまた倒される恐れが極めて強い。そこで、以下の2点を組み合わせて、受けるダメージを減らそう。すると、「何発かのダメージに耐える→倒される→リレイズで復活→何発かのダメージに耐える→食いしばり」といった流れで、最終的に生き残れる場合が多い。

●ブレイクしておく

 ねむれるししはブレイク中だとステータスが大きく下がり、攻撃の威力もそのぶん落ちる。この性質を利用し、敵が『天穹崩落』を使うタイミングではブレイク状態になっているように調整して、受けるダメージを減らそう(魔力アップも解除しておくのは大前提)。そのためには、残りHP80%以下、50%以下、20%以下の閾値は、ブレイクしたターンでまたぐことが必要(そうしないと、『天穹崩落』の直前でブレイクゲージが元に戻ってしまう)。「ブレイクした次のターン」で80%以下、50%以下、20%以下にしてしまいそうなときは、敢えて手加減して、閾値をまたぐのを1ターン遅らせること。

●強力な守りのバフを使う

 SPアビリティやリミットバーストの強力な守りのバフを使って、受けるダメージを減らす。上記と同様、目当てのバフが使えないタイミングでは手加減をして、ブレイクしたり閾値をまたいだりするのは待とう。

糾弾

 某企業型攻略サイトの誤りおよび問題のある記述は以下のとおり。
 なお、本稿は、株式会社エヌリンクスに提供する校閲資料ではありません。本稿に基づいた修正の反映は認めておりません

※茶色の枠内は、https://altema.jp/ffbe/nemurerusisigokuより引用(キャプチャ日時:2020.05.16)


  • 偶数
    奇数1
    奇数2
     この敵の行動ルーチンは、「奇数ターンか偶数ターンか」で制御される仕組みではない。パーティ側が決まった動きをバトルの最初から繰り返していれば奇数偶数は固定されるものの、その「決まった動き」の内容が説明されておらず、この筆者が無言のうちに想定した戦いかたから外れたら、奇数か偶数かがズレてしまう。
     それどころか、ここまでの説明を読む限り、1ターン目は手を出さずに立て直しに専念、以降も1ターンおきに攻撃を休む想定に見えるが、そうすると「1ターン目は『深い眠りについている』→2ターン目は『まどろんでいる……』→3ターン目は『深い眠りについている』→4ターン目は『ねむりにつく……』」となり、見事に奇数と偶数が逆。呆れたことに、筆者の想定と書いてある内容が一致していない。書いてある内容に従おうとすると、書いてある内容と合わない状況に陥って、読者は途方に暮れるハメになる。

  • ねむりにつく
    • 表の上段:パーティ全体への睡眠効果、自身への属性耐性デバフの効果が抜けている。
    • 表の中段:【物理攻撃/LB】ではなく、【アビリティ/LB/通常攻撃】
    • 表の中段:敵が使う攻撃として、通常攻撃が抜けている。
    • 表の下段:【魔法攻撃/召喚魔法】ではなく、【魔法/召喚魔法】(このゲームにおいて、「魔法」と「魔法攻撃」は同じものではないのだから、厳密に区別しなければならない)。
    • 表の下段:敵が使う攻撃として、『逃れ得ぬ螺旋角』が抜けている。

  • まどろんでいる
    • 表の上段:自身への属性耐性デバフの効果が抜けている。
    • 表の中段:【物理攻撃/LB】ではなく、【アビリティ/LB/通常攻撃】
    • 表の中段:『ひっかき』は使わない。
    • 表の下段:【魔法攻撃/召喚魔法】ではなく、【魔法/召喚魔法】。
    • 表の下段:敵が使う攻撃として、『メテオ』と通常攻撃が抜けている。

  • 爆豪
     ×爆 ○爆
    爆轟

  • おすすめ
    バクテリオファージ
     おすすめされたとおりに『まどろんでいる……』のあとに魔法や召喚で攻めると、『バクテリオファージ』はそのときには来ないし、そもそも『爆轟のメテオ』を受けることはない。にもかかわらず、それらを受けることが前提になっていて内容がちぐはぐ。使うのが物理攻撃か魔法攻撃かも関係ないので、「物理アタッカーには~~」という見出しもおかしい(ねむれるししの反応が分かれるのは「物理攻撃か魔法攻撃か」ではなく「アビリティか魔法か」。例えば、物理アタッカーではない闇竜姫・魔人フィーナが『まどろんでいる……』のあとに魔法攻撃のアビリティで攻めると『バクテリオファージ』を使われてしまうのだから、「物理アタッカーには」という区別のしかたは明確に間違っている)。

  • 攻撃リスト
     『爆轟のメテオ』と『天穹崩落』がかばう不可であることが抜けている。
     また、リストから『暴れひっかき』が抜けている。