疑似3連攻撃とのチェイン

※以降、時間の単位は「1秒=60f」として記載している

基本的には噛み合うが……

 最近のユニットのアビリティやリミットバーストには、「特定のチェイングループのアビリティを3連発したかのようにヒットするもの」(以下、疑似3連攻撃)が増えている。アビリティ3連発とチェインが噛み合うようにして、使いやすくするための設計と考えられる。

 ところが、「アビリティ3連発」と「疑似3連攻撃」は、ヒットするタイミングが完全に一致しているわけではなく、それが原因でチェインが途切れてしまう場合がある。

 アビリティを連続使用するとき、「アビリティの発動から、次のアビリティの発動まで」の間隔は53f。疑似3連攻撃にも、それに相当する間隔が設定されているが、なぜか、53fではなく54fになっている。これは、どのチェイングループの疑似3連攻撃でも共通。
 また、チェイングループによっては、ほかにも相違点がある。詳細は以下のとおりだ。

グループ1と疑似3連攻撃のチェイン

確認した疑似3連攻撃
●ソラ(KHIII)の『サークルオブライト』
●オニオンナイト-Neo Vision-の『超・チョップドオニオン』
●ラスウェル-Neo Vision-の『碧天』
●ラスウェル&レーゲンの『明鏡・双刃』
●アクスター&クレオメの『必殺剣・散華』
●炎獄レインの『ブレイズクロー』

 グループ1の疑似3連攻撃は、前述した「53fと54fの違い」のほかにも、以下の点がアビリティ3連発と異なる。

  • 最後の一撃(24ヒット目)のみ、ヒットが1f遅い(通常は6f間隔だが、ここだけ7fある)
     例外:『碧天』『ブレイズクロー』……グループ1と変わらない
  • ヒット開始がアビリティ3連発よりも1f早い
     例外:『碧天』……ヒット開始がアビリティ3連発よりも21f遅い
        『明鏡・双刃』……ヒット開始がアビリティ3連発よりも3f遅い

きれいにチェインさせるためのポイント

●ブレイズクロー

 最もつながりやすく、「アビリティ3連発」と「疑似3連攻撃」のどちらが先であっても、1~5f差ならフルチェインさせることができる。

●サークルオブライト、超・チョップドオニオン、必殺剣・散華

 「アビリティ3連発」を先にタップしたほうが良い。1~5f差ならフルチェインさせることができる。
 「疑似3連攻撃」を先にタップした場合、2~5f差ならフルチェインするが、1f差だと、最後で途切れてしまう。

●明鏡・双刃

 『明鏡・双刃』を先にタップしたほうが良い。1~3f差、および6~8f差でフルチェインさせることができる。
 4~5f差という中途半端な早さだとチェインが途切れてしまうが、両手を使ってほぼ同時にタップすれば、1~3f差に収めてフルチェインさせやすいはず。逆に、片手の指1本でタップしても、6~8f差の範囲に収まってフルチェインになりやすい。
 一方、「アビリティ3連発」を先にタップすると、1f差のときしかフルチェインしない。非常に失敗しやすいので、避けたほうが良い。

●碧天

 ヒット開始のタイミングに差がありすぎて、連続タップでチェインさせるのは無理。

グループ16と疑似3連攻撃のチェイン

確認した疑似3連攻撃
●シャルロット&ファイサリスの『守護騎士の銃剣』
●魔狼マダム・エーデルの『煌技・風狼喚弾』

 グループ1の疑似3連攻撃と同じく、ヒット開始がアビリティ3連発よりも1f早い

きれいにチェインさせるためのポイント

 タップの順番は気にしなくていい。「アビリティ3連発」と「疑似3連攻撃」のどちらが先であっても、1~5f差ならフルチェインさせることができる。

グループ4と疑似3連攻撃のチェイン

確認した疑似3連攻撃
●ストラゴスの『アクアブレス【VI】』
●大魔導士ケフカの『妖星乱舞』
●魔人フィーナ&ソルの『ヴェラティジャッジ』
●竜姫フィーナの『ピュアサモンレーザー』

 『アクアブレス【VI】』と『妖星乱舞』は、ヒット開始のタイミングがアビリティ3連発と一致している。一方、『ヴェラティジャッジ』と『ピュアサモンレーザー』のヒット開始タイミングは、アビリティ3連発より12fも早い

きれいにチェインさせるためのポイント

●アクアブレス【VI】、妖星乱舞

 「アビリティ3連発」を先にタップしたほうが良い。1~5f差ならフルチェインさせることができる。
 疑似3連攻撃を先にタップした場合、2~6f差ならフルチェインするが、1f差だと、途中で途切れてしまう。

●ヴェラティジャッジ、ピュアサモンレーザー

 「アビリティ3連発」を先にタップすることが必須。6~17f差の範囲なら、11f差の場合を除いてフルチェインするので、片手の指1本でタップするとつながりやすいはずだ。逆に、1~5f差だと途中で途切れるため、両手の指を使ってほぼ同時にタップすると、まず間違いなく失敗する。
 なお、「疑似3連攻撃」のほうを先にタップするのはNG。どうあがいても、絶対にフルチェインしない

グループ2と疑似3連攻撃のチェイン

確認した疑似3連攻撃
●白蓮の魔道士フィーナの『ロータスアロー』
●フィガロの王エドガーの『フィガロジャンプ』(跳躍時)
●レイン&フィーナの『クリムゾンジャッジメント』

 『ロータスアロー』と『フィガロジャンプ』は、ヒット開始のタイミングがアビリティ3連発と一致している。一方、『クリムゾンジャッジメント』のヒット開始タイミングは、アビリティ3連発よりも2f遅い

きれいにチェインさせるためのポイント

●ロータスアロー、フィガロジャンプ

 「アビリティ3連発」と「疑似3連攻撃」のどちらを先にしても、かなり途切れやすい
 「アビリティ3連発」を先にタップした場合、フルチェインするのは1~2f差の場合のみ。3f差以上だと途切れてしまうので、極めてすばやいタップが要求される。
 「疑似3連攻撃」を先にタップした場合、フルチェインするのは2~3f差の場合のみ。4f差以上はもちろん、1f差のときも途切れてしまうため、非常にやりにくい。
 どちらの場合も、フルチェインを成立させられる時間は2fしかない。タップ速度に自信があるなら、「速すぎてもダメ」というのは障害になるので、アビリティ3連発を先にタップしたほうがマシだろう。逆に、高速でのタップが苦手であれば、疑似3連攻撃を先にタップしたほうが成功しやすいかもしれない。

●クリムゾンジャッジメント

 『クリムゾンジャッジメント』を先にタップしたほうが良い。1~2f差、4~6f差でフルチェインさせることができる。
 厄介なのは、3f差だとチェインが途切れてしまう点。すばやくタップしようとしても、わざと遅めにタップしようとしても引っかかりやすく、確実にチェインさせるのは難しい。
 なお、「アビリティ3連発」を先にタップした場合は、原則的にフルチェインしないと思ったほうがいい。フルチェインするのは、「タップするタイミングの差が1f未満で、それが受け付けられた場合(入力結果としては、完全な同時タップになる)」のみ、と思われる。