ポット合成の豆知識

ポット同士の合成をラクにする方法

 ポットは、ベースや素材を選ぶ画面ではステータスの上昇量が表示されない(クソ仕様)。そのせいで、「まとめたポット」と「まとめる前のポット」が混在していると、ポット同士を新たにまとめようとするときに、適切な素材を選ぶのが非常に面倒。
 この問題は、ソートとフィルターの設定である程度は緩和できる。また、ポットは中途半端に合成せず、「上限までまとめた個体」と「まったくまとめていない個体」の2種類だけしたほうが管理しやすい。

ベース選択時の設定

  • ソート:「ユニット名」に設定。昇順/降順はどちらでもOK
  • フィルター:ユニットタイプの「限界突破」をONに

ベース/ソート順 ベース/ソート順
 この設定にしておくと、ポットの種類が一番わかりやすい(と思う)。ソート順を「NO.」「昇順」にすれば、上昇するステータスの種類ごとに並べられるが、ポットの種類を判別しづらいのが欠点。

素材選択時の設定

  • ソート:ベースに選んだポットで上昇するのと同じステータス(例えば、インテリポットなら「魔力」)に設定。昇順/降順はどちらでもOK
  • フィルター:ユニットタイプの「限界突破」をONに

 ソート順をこの設定にしても、ステータスの高さ順に並んでくれない(クソ仕様)が、バーストポット以外は、表示されている数字を見れば、まとめ済みかどうかを判別できる

ベース/ソート順

↑細かな数字はその日のフレンドレベルに応じて増減してしまうが、それらを把握できなくても、「上限までまとめた個体」と「まったくまとめていない個体」の2種類だけを持っていれば、数字の大小だけで判別できる。

 そのほか、フィルターで「マジックポット」を「合成有り」にするとまとめたポットのみ、「合成無し」にするとまとめていないポットのみを表示できるので、それを利用するのも手。ただし、まとめ前後のポットを両方使いたいときに、いちいちフィルターを設定し直す手間がかかってしまう。また、「中途半端にまとめた個体」と「上限までまとめた個体」を判別できない点にも注意が必要。

 バーストポットの場合は、ソートで「Lv」を指定すると、数字こそ見えないものの、サイズごとに熟練度の上昇量順で並ぶっぽい?(確証はない)

 ……そもそも、こんな工夫をしなきゃいけないことがおかしくて、「上昇するステータスの種類と上昇量」に基づいたソートができて、かつ、素材を選択する画面で上昇量が見えるようにしないと、全然ダメだと思うよ?

ポット合成時の上昇量

 実際に限界突破を行なうとき、手持ちのポットそれぞれでステータスがいくつ上がるかは、選択時の画面に表示されない(クソ仕様)。「上限までまとめた個体」と「まったくまとめていない個体」を上記の方法で判別し、下の表を参考に合成しよう。
 なお、ミニはありったけ合成せず、各種類10~20体程度残しておくと、端数に対応しやすい。

※「まとめ前」はまったくまとめていない状態、「まとめ後」は上限までまとめた状態
ポットの種類 ポットの大きさごとの上昇量
ミニ ノーマル キング
まとめ前 まとめ後 まとめ前 まとめ後 まとめ前 まとめ後
バースト 100 3800 3000 21000 10000 40000
タフ
(HP)
10 150 30 240 50 300
マジ
(MP)
5 35 10 40 15 60
パワ
(攻撃)
1 10 5 15 10 20
デフ
(防御)
1 10 5 15 10 20
インテリ
(魔力)
1 10 5 15 10 20
スピル
(精神)
1 10 5 15 10 20