サンドウォーム

サンドウォーム攻略

クエストデータ(覚醒級)

難易度

400

消費体力

10

クエストをクリア ラピス×100
「サンドウォーム」をLBでフィニッシュ トラストモーグリ(ALL50%)
誰も戦闘不能になることなくクリア スーパートラストモーグリ交換チケット×5
アイテムを使用せずにクリア 精霊喰らいの念

敵の主要データ(覚醒級)

サンドウォーム全身

名前

サンドウォーム


種族

虫系


最大HP

30億


最大MP

1万

暗闇 睡眠 沈黙 麻痺 混乱 病気 石化
無効 無効 無効 無効 無効 無効 無効
ストップ 魅了 バーサク ゾンビ
攻撃ダウン 防御ダウン 魔力ダウン 精神ダウン

敵の行動の概要

通常の行動

  • 基本的には、下記の3ターン周期の行動を繰り返す

砂崩れ→地響き→解除の巻きつき
 ↓
しめつけ×3→丸呑み→砂煙→HPを吸い込む→流砂の準備をしている
 ↓
しめつけ×3→地響き→脱皮→流砂

  • 1ターン目と、HPが残り80%、60%、40%、20%以下になったターンでは、最初に『グラビガ』を使用
  • 複数の閾値を一度にまたいだ場合は、そのぶんのターン連続で『グラビガ』を使う(1ターンのうちにまとめて使うのではない)
  • 上記の周期内の2ターン目で攻撃アイテムを受けていると、『HPを吸い込む』ではなく、『攻撃アイテムを受けてHPを吸い込めなかった』→『頭を打ちつけた』を使用
  • 上記の周期内の3ターン目で攻撃アイテムを受けていると、『流砂』ではなく、『攻撃アイテムを受けて流砂がだせなかった』を使用
名前 対象 属性 物魔 状態変化 備考
グラビガ 敵全体 魔法 割合ダメージ(ダメージ量:対象の残りHPの50%)/魔法回避が有効/魔封剣効果で無効にできる
砂崩れ 敵全体 物理
地響き 敵単体 物理 土耐性ダウン 耐性の低下量は50%
解除の巻きつき 敵単体 物理 バフを解除(デバフは解除しない)
しめつけ 敵全体 物理
丸呑み 敵単体 物理
砂煙 敵単体 暗闇 ダメージなし
HPを吸い込む 敵単体 物理 HPを吸収/物理攻撃扱いで、回避が可能
流砂の準備をしている 次のターンで『流砂』を使うことの予告。これ自体は特に効果なし
脱皮 自分 攻撃アップ デスペル効果で解除可能
流砂 敵全体 物理 かばう不可
攻撃アイテムを受けてHPを吸い込めなかった 『HPを吸い込む』が阻止されたことの告知。これ自体は特に効果なし
攻撃アイテムを受けて流砂がだせなかった 『流砂』が阻止されたことの告知。これ自体は特に効果なし
頭を打ちつけた 自分 残りHPの1%のダメージ(※1)

※サンドウォームは割合ダメージ無効だが、『頭を打ちつけた』ではダメージを受ける

攻略法

 バトル開始時に、クエストエリア効果によって、敵味方全体の土属性耐性が50%下がる。これは「敵エリア効果」「味方エリア効果」とは別枠で扱われるため、新たなエリアを展開させても上書きされない。

バランス型

 以下の条件を満たすパーティを組む。

  • 回避率を100%にした物理壁役を入れる
  • 物理壁役の引きつけ率は100%にできるようにする(装備でもコマンドでもOK)
  • 物理壁役が物理攻撃を使う場合は、暗闇耐性を持たせる
  • 敵の防御や精神を大幅に下げるデバフを用意する
  • 味方全体に分身を付与する手段を用意する
  • 敵を毒状態にする手段を用意する(『暴風酸性雨』がオススメ)

サンプルパーティ

サンプルパーティ

 この5人に加えて、2体目のティナ-Neo Vision-を借りる。パーティに関する解説は以下のとおり。

●宿命の少女ヴァニラ(デバフ役/チェイン役/バフ役)

 潜在アビリティを解放し、覚醒できるアビリティをすべて+2にしておくことを推奨。魔力&精神85%ダウンのデバフを1ターン目から維持しやすく、グループ4のアビリティでチェインが狙える。敵の土属性耐性を大幅に下げたり、味方の物理攻撃に土属性を付与したりすることも可能。
代役になれるユニット:
 防御&精神ダウンの強力なデバフを持ち、別のユニットとチェインが組めれば誰でもいい。

●ジークハルト&イグニシオ(物理壁役/バフ役)

 物理全体かばうを持つだけでなく、味方の物理攻撃に土属性を付与でき、リミットバーストで味方全体に分身を付与できる。装備では、引きつけ率と回避率を100%に。
代役になれるユニット:
 物理壁役なら誰でもいい。

●ティナ-Neo Vision-(攻撃役)

 ブレイブシフト前は「魔力」「虫系キラー(魔法)」を、ブレイブシフト後は「魔力」「LBダメージ」「召喚時幻獣STアップ」「召喚ダメージ」を重視。武器は、ロッドを2つ装備するのがベスト。
代役になれるユニット:
 強力な攻撃役なら誰でもいい。

●ラスウェル-Neo Vision-(チェイン役)

 虫系のキラーを豊富に持ち、宿命の少女ヴァニラとグループ4でチェインできる。MPが枯渇しやすいので、MP自動回復を少し補強しておきたいところ。
代役になれるユニット:
 強力なチェイン役なら誰でもいい。

●リルム(バフ役)

 火属性の攻撃を強化し、敵のロッド耐性を下げる。『暴風酸性雨』と『はりまんぼん』を装備しておく。
代役になれるユニット:
 2020年11月現在、ティナ-Neo Vision-を使う限り、代役になれるユニットはいない。とはいえ、そもそも必須のユニットではないので、任意の攻撃役と入れ替えても問題ない。

戦いかた

●敵の攻撃は完封も可能

 回避率100%の物理壁役が味方全体をかばい、3の倍数ターンで「味方全体に1回ぶん以上の分身が付与された状態」にしておけば、『グラビガ』以外ではダメージを受けない。『グラビガ』で倒される心配はないので(魔封剣効果で無効化すれば、完全ノーダメージも可能)、あとは好きなように料理すればいい。

●攻撃アイテムは使わない

 敵の攻撃のうち、『HPを吸い込む』と『流砂』は、攻撃アイテムを当てることで阻止できる(『HPを吸い込む』を阻止したときには、ダメージを与えることも可能)。ただし、どちらも回避してしまえば無害なので、阻止しなくても問題ない。むしろ、攻撃アイテムを使うと「アイテムを使用せずにクリア」が達成できなくなるため、阻止せずに回避したほうがいい。

●攻撃は土属性がちょっと有利

 サンドウォーム自身はこれといった属性耐性を持たないが、このバトルでは、エリア効果で敵味方全体の土属性耐性が50%下げられる。そのため、土属性なら、攻撃のダメージを少し増やすことが可能だ。

●敵の防御と精神を下げる

 前述のとおり、敵の攻撃を受ける心配はないので、攻撃&魔力ダウンは不要。こちらから与えるダメージを増やすために、防御&精神を大幅に下げるデバフを維持しよう。

●毒状態でダメージを稼ぐ

 サンドウォームには、2回だけ毒が効く。毒の効果では、1ターンにつき敵のHPを最大値の10%も減らせるので、積極的に利用したい。毒状態を付与する手段としては、『暴風酸性雨』がお手軽かつ確実でオススメだ。
 なお、毒のダメージによってトドメを刺すと、チャレンジミッション「「サンドウォーム」をLBでフィニッシュ」は失敗になってしまうので注意。

糾弾

 某企業型攻略サイトの誤りおよび問題のある記述は以下のとおり。
 なお、本稿は、株式会社エヌリンクスに提供する校閲資料ではありません。本稿に基づいた修正の反映は認めておりません

※茶色の枠内は、https://altema.jp/ffbe/sandwormkouryakuより引用(キャプチャ日時:2020.11.23)


  • +50%
     「精霊系への物理ダメージ」は、+50%ではなく+75%。
    +75%

  • 上級
    覚醒級
     デザートザッパーが手に入るのは、上級でも覚醒級でもなく超級。
     ……載せるところがページ内に2ヶ所あって、書いてあることがバラバラなうえに、両方とも間違っている……

  • エリア効果
     明確に間違い。このエリア効果は敵にも及ぶ。

  • 毒
     「約」と「近く」で意味が重複気味なうえに、毒のダメージ量は「約」でも「近く」でもなく、ジャスト10%。
     あと、「状態異常耐性付与が来る」って何だろう?

  • 攻撃リスト
    • 『解除の巻きつき』に、土耐性ダウンの効果はない。また、デバフによる耐性の低下量は、100%ではなく50%。100%下がっているように見えるのは、エリア効果との合計だから。
    • ×丸のみ ○丸呑み
      丸呑み
    • 『地響き』に属性の記載がなく、属性耐性ダウンも抜けている。
    • 告知や予告をリストから省略しているとしても、『頭を打ちつけた』がリストから抜けている。

  • 攻撃アイテムによる行動阻止について、まったく触れられていない。チャレンジミッションが未達成なら攻撃アイテムは使わないほうがいいけど、「使わないほうがいい」ということを言っておくべき。