ゴルベーザ

ゴルベーザ&黒龍 攻略

クエストデータ

難易度

430

消費体力

10

クエストをクリア ラピス×100
誰も戦闘不能になることなくクリア ランスオブカイン(FFIV)+4 両手武具化のレシピ
5ターン以内でクリア ????のクリスタル
パーティ人数4人以下 漆黒の魔道士ゴルベーザ

出撃可能ユニット

  • FFIVユニット
  • FFIVTAユニット

敵の主要データ

ゴルベーザ 黒龍
ゴルベーザ 黒龍
名前 種族 HP MP
ゴルベーザ 人系 21億 1万
黒龍 竜系 10億 1万
名前
ゴルベーザ -50% -50% 120%
黒龍 120% -50% 120% 120% 120% 120% 120% 120%
名前 暗闇 睡眠 沈黙 麻痺 混乱 病気 石化
ゴルベーザ 無効 無効 無効 無効 無効 無効 無効 無効
黒龍 無効 無効 無効 無効 無効 無効 無効 無効
名前 攻撃ダウン 防御ダウン 魔力ダウン 精神ダウン
ゴルベーザ × ×
黒龍 × ×

敵の行動の概要

ゴルベーザの行動

  • 先制攻撃で『じゅばくのれいき』を使用
  • 以降は、下記の5ターン周期の行動を繰り返す

バイオ×3
 ↓
ドレイン→アスピル
 ↓
バイオ×3
 ↓
ドレイン→アスピル
 ↓
じゅばくのれいき

名前 対象 属性 物魔 状態変化 備考
じゅばくのれいき 敵全体 麻痺 割合ダメージ(ダメージ量:対象の残りHPの99%)
バイオ 敵単体 魔法 毒、継続ダメージ
ドレイン 敵単体 魔法 HP吸収
アスピル 敵単体 魔法 MP吸収/HPダメージはなし

黒龍の行動

  • 先制攻撃も含めて毎ターン、『くろいきば』×1を使用
名前 対象 属性 物魔 状態変化 備考
くろいきば 敵単体 即死 ダメージなし

攻略法

●引きつけと耐性で敵の攻撃を防ぐ

 パーティには、以下の条件を満たす引きつけ役が欲しい。

  • 引きつけ率100%
  • 即死耐性を持つ
  • 毒耐性を持つ
  • 麻痺耐性を持つ
  • 闇属性耐性100%

 この引きつけ役さえいれば、『くろいきば』と『バイオ』は完全に無効化できる。『ドレイン』に耐えるのは難しくないはずだが、もし厳しいようなら、精神も少し上げるといい。

●麻痺耐性を用意

 ゴルベーザが使う『じゅばくのれいき』は、全体麻痺の効果を持つ。行動不能にならないよう、全員に麻痺耐性が欲しい。先制攻撃に備えて、バフによる付与ではなく、装備による耐性を用意すること。

●回復にはエリクサーが便利

 敵の攻撃のうち、『じゅばくのれいき』ではHPを、『アスピル』ではMPを、著しく減らされる。それらを受けたあとの回復には、消費アイテムのエリクサーが便利。チャレンジミッションには影響しないので、躊躇せずに使おう。万が一足りないようなら、スタークォーツ5個と交換で入手するといい(交換場所は、「ラピス→オルデリオン→アムール」など)。

●チャレンジミッションは2回にわけてコンプリート

 このクエストのチャレンジミッションには、「パーティ人数4人以下」と「5ターン以内でクリア」がある。両方を同時に達成するのが難しければ、「6ターン以上かけて、4人パーティでクリア」「5人パーティを使って、5ターン以内でクリア」の2回に分けて達成するといい。もちろん、十分な戦力があるなら、まとめて達成してかまわない。

 以降の【BS前】はブレイブシフト前を、【BS後】はブレイブシフト後を、【前後両方】はブレイブシフト前とブレイブシフト後の両方を意味する。
 また、クドくなりすぎるのを避けるために、ユニット名やアビリティ名を、どうにか区別がつく程度に短縮している場合がある。

サンプルパーティ

サンプルパーティ

ユニット 装備などのポイント
無垢なる召喚士リディア
  • 即死耐性をつける
  • 毒、麻痺耐性をつける
  • 引きつけ率を100%にする(回避率は不要)
  • 闇属性耐性を100%以上にする
  • 黒曜の腕輪を装備する
漆黒の魔道士ゴルベーザ
  • 『ウィーク』と『フェイス』を習得した幻獣(シヴァかラムウ)をセットする
  • 麻痺耐性をつける
  • 氷、雷、光のいずれかの属性の武器を装備する
  • 魔力、竜系のキラーを上げる
  • 『不滅の閃光』を装備する(あれば)
バルバリシア
  • 【前後両方】麻痺耐性をつける
  • 【前後両方】魔力、人系と竜系のキラーを上げる
ルビカンテ
  • 【前後両方】麻痺耐性をつける
  • 【BS前】魔力、人系と竜系のキラーを上げる
  • 【BS後】魔力、人系と竜系のキラー、「LBダメージ」を上げる

狙っている戦術
●敵の精神を、黒曜の腕輪と、バルバリシアのLBで下げる
●味方のHPやMPはエリクサーで回復する
●リディアとバルバリシアが『トルネド』でチェイン。そこにルビカンテのLBや『フレア』、ゴルベーザの『メテオ』を乗せる


 下記は、実戦での行動のしかたの記録。

リディア ゴルベーザ バルバリシア ルビカンテ
1 アスピル
トルネド+2×2
ウィーク(黒龍に)
フェイス
上昇気流
トルネド+3×2
マジブー
シフト後LB
2 エリクサー ウィーク(ゴルに)
フェイス
シフト後LB この私には
マジブー×3
3 トルネド+2×2 エリクサー トルネド+3×2
マジブー×2
シフト後LB
4 トルネド+2×2 メテオ+2 トルネド+3×2
マジブー×2
フレア+3×4(黒龍に)
5 トルネド+2×2 エリクサー トルネド+3×2
マジブー×2
フレア+3×4


 このサンプルでチェインの中心になるのは『トルネド』だが、これを3~4連で使うと、1f差のときしかフルチェインしない(しかも、リピート時は1f差でもフルチェインしない)。チェインの確実性を高めるために、敢えて2連に抑えている(4連でも確実にフルチェインさせるだけのウデがあるなら、そうしたほうがいい)。

ダメージ