ヴィセクトラム
頂上決戦 後半戦

前半戦の攻略は→こちら
周回と報酬については→こちら

インデックス

基本情報

 スコアに関するシステムは、ダークビジョンズと同じ。「1T最大ダメージ」のスコア上限は以下のとおりだ。

クエスト スコア
上限
上限到達に
必要なダメージ
6.いにしえの破壊者 ウェポン・イビルス 10万pt 81億6040万5000
7.再臨の帝王 ダークレイン 無制限

 ステータスボーナスについては、前半戦と同じ。

 以降では、クドくなりすぎるのを避けるために、ユニット名やアビリティ名を、どうにか区別がつく程度に短縮している場合がある。

vsウェポン・イビルス

ウェポン・イビルス全身 ●属性耐性
100%
100%
-50%
100%
100%
100%
100%
-50%
-50%
HP 種族
4億5000万

※データはEXのもの

行動パターン

通常の行動

  • 毎ターン、最初に『あばれまわる』を使用
  • 偶数ターンでは、上記の次に『破壊の行進』を使用
  • 3の倍数ターンでは、上記の次に『破壊の行進』を使用
  • 4の倍数ターンでは、上記の次に『破壊の行進』を使用
  • 5の倍数ターンでは、上記の次に『魔法減退領域』を使用
名前 対象 属性 物魔 状態変化 備考
あばれまわる 敵単体 物理
破壊の行進 敵全体 物理
魔法減退領域 自分 魔法ダメージカット ダメージカット量は90%/持続は3ターン/デスペル効果では解除できない

HPの減少による行動の変化

 HPが残り50%以下になると、下記の変化が起こる。

  • 4の倍数ターンで使うのが『クリスタルエネルギー吸収』になる
  • 5の倍数ターンで使うのが『物理減退領域』になる
名前 対象 属性 物魔 状態変化 備考
クリスタルエネルギー吸収 自分 攻撃&魔力アップ デスペル効果で解除可能
物理減退領域 自分 物理ダメージカット ダメージカット量は90%/持続は3ターン/デスペル効果では解除できない

攻略法

●魔法攻撃で攻める

 ウェポン・イビルスは防御が精神よりも極端に高く、物理攻撃では大きなダメージを与えにくい。強力な魔法攻撃(正確には「敵の精神を参照する攻撃」)が使えるユニットを優先して採用しよう。属性は、「雷、闇 > 無 > それ以外」の順に優先するといい。ただし、雷か闇属性の魔法攻撃であっても、威力が半端なものよりは、ほかの属性の強力な魔法攻撃のほうが効果的だ。

●『魔法減退領域』に注意

 敵は5の倍数ターンで『魔法減退領域』を使用し、そのあとの3ターンのあいだ、魔法ダメージ90%カットの効果を得る。この効果中には、魔法攻撃で与えるダメージが10分の1にされてしまうので、以下のいずれかの方法で対処しよう。

  • 5ターン以内に倒す(=『魔法減退領域』を使われる前に倒す)
  • 魔法ダメージカットが切れているターン(9~10ターン目、14~15ターン目など、「5の倍数-1のターン」か「5の倍数ターン」)でトドメを刺す
  • 敵のHPを残り50%以下にすると『魔法減退領域』を使わなくなるので、そのことを利用する
●受けるダメージを減らすには

 基本どおり、攻撃&魔力ダウンのデバフとプロテス&シェルで十分。可能であれば、分身や物理かばうも併用すると、トータルダメージを大きく減らせる。

サンプルパーティA

サンプルパーティ

忠義の騎士
スタイナー
ラスウェル
&レーゲン
魂の解放者
ライト
ニング
リノア&
アンジェロ
純真の
黒魔道士
ビビ
ダーク
レイン

狙っている戦術
●ライトニングが敵の攻撃を下げ、スタイナーが守りを固めながら味方全体をかばう
●ライトニングが味方の物理攻撃に雷属性を付与&雷属性攻撃を強化
●ラスウェル&レーゲンが味方に竜系のキラーを付与
●ライトニングが敵の防御&精神と、雷属性耐性を下げる
●ダークレイン、リノアが敵の闇属性耐性を下げる
●スタイナーのLBと『リフレク倍返し』の効果でビビがチェイン。そこにリノアとダークレインの攻撃を乗せる
●5ターン目で倒して、『魔法減退領域』は使わせない

ウェポン・イビルス総ダメージ ウェポン・イビルスダメージリスト
ウェポン・イビルススコア

サンプルパーティB

 リノア&アンジェロかダークレインがいれば満点は簡単だが、両方ともいなくても、かなり頑張れる(満点のハードルは、超神星のゲヘナのほうが高そう)。
 敵の弱点は雷属性と闇属性だが、大魔導士ケフカや閃光のライトニング程度だと、いまの時代では通用しない。攻撃属性は弱点に合わないが、ルビカンテやバルバリシアのほうが、与えるダメージはずっと大きい。

サンプルパーティ

セトラの
末裔
エアリス
アバランチ
ジェシー
バルバ
リシア
アンジェラ ユライシャ ルビカンテ

狙っている戦術
●攻撃の準備中は、『プロテガ+2』『シェルガ+2』を反射して敵を保護
●バルバリシアの『ゆびさき』で敵の攻撃を下げるほか、味方に『プロテガ+2』『シェルガ+2』をかけて、受けるダメージを減らす
●装備とアビリティの効果でLBゲージをためる
●エアリスが味方にステータスアップとLBダメージアップのバフをかける
●ジェシーが敵の精神を下げる
●ジェシー、バルバリシア、ルビカンテが敵の属性耐性を下げる
●エアリスが敵のロッド耐性を下げる
●ユライシャが味方に竜系のキラーを付与する
●ジェシーとユライシャが、リヴァイアサンの『超激水流』と黒龍の『呪縛の水流』でチェイン。そこに、バルバリシア、ルビカンテ、アンジェラのシフト後LB、エアリスの反射ホーリーを乗せる
●『魔法減退領域』が切れている10ターン目でトドメを刺す

 ジェシーとユライシャは、二刀流で雷属性と闇属性の武器を装備。もともとの水属性、エアリスから付与される光属性も併せた4属性でエレメントチェインを行ない、チェインボーナスを急速に高める。これによって、バルバリシアやルビカンテが与えるダメージを増やす。

ウェポン・イビルス総ダメージ ウェポン・イビルスダメージリスト

 「高めの乱数を引くまで頑張る」「ルビカンテをEX覚醒+3にする」「装備をさらに強力なものにする」などの方法で、満点も十分可能なはず。「ユライシャ→ラスウェル&レーゲン」や「アバランチ ジェシー→魂の解放者ライトニング」あたりの入れ替えが可能なら、まず間違いなく満点に届くだろう。

vsダークレイン

ダークレイン全身 ●属性耐性
50%
50%
50%
50%
50%
50%
-50%
100%
-50%
HP 種族
11億 悪魔、人

行動パターン

通常の行動

  • 毎ターン、最初に『二段突き』を使用
  • 偶数ターンでは、上記の次に『ダーガ』を使用
  • 3の倍数ターンでは、上記の次に『ジハード』を使用
  • 4の倍数ターンでは、上記の次に『究極の力、その身に刻め!』を使用
  • 5の倍数ターンでは、上記の次に『タイラントフォース』を使用
名前 対象 属性 物魔 状態変化 備考
二段突き 敵単体 物理
ダーガ 敵全体 魔法
ジハード 敵味方
全体
魔法
究極の力、その身に刻め! 自分 魔力アップ デスペル効果で解除可能
タイラントフォース 敵単体 魔法 闇耐性ダウン 耐性の低下量は800%/耐性が下がるのはダメージの前

HPの減少による行動の変化

 HPが残り50%以下になると、下記の変化が起こる。

  • 4の倍数ターンで使うのが『ダークサプレッション』になる
  • 5の倍数ターンで使うのが『二段突き』になる
名前 対象 属性 物魔 状態変化 備考
ダークサプレッション 敵単体 魔法 闇耐性ダウン 耐性の低下量は400%/耐性が下がるのはダメージのあと

ゲーム中の攻略

↑ゲーム中の説明は、なんだかよくわからない。何回も言ってるけど、まともな日本語が書ける人材を探さないとダメだと思う……

攻略法

●『タイラントフォース』をいかにして防ぐか

 ダークレインは、自分のHPが51%以上残っていると、自分に魔力アップをかけ、こちらの闇属性耐性を800%下げてから、闇属性の魔法攻撃でダメージを与えてくる。これはさすがに強力で、デバフとバフで守っていても、受けるダメージが5000を超えてしまう恐れが強い。対処法としては、以下のどちらかがオススメだ。

  • 5ターン以内に倒す(=『タイラントフォース』を使われる前に倒す)
  • 5ターン以内に敵のHPを残り50%以下にして、『タイラントフォース』の使用を阻止する

サンプルパーティA

 「ナイツ オブ グランシェルト」は、便宜上「レイウェル」と表記する。

サンプルパーティ

グラーフ アクスター
&クレオメ
セトラの
末裔
エアリス
大召喚士
の娘
ユウナ
レーゲン
-再臨の
帝王-
レイウェル

狙っている戦術
●レーゲンのデバフで敵の攻撃&魔力を下げるほか、味方に『プロテガ+2』『シェルガ+2』をかけて、受けるダメージを減らす
●エアリスが味方の闇属性耐性を上げる
●エアリスが味方の光属性攻撃を強化する
●アクスター&クレオメが味方に人系のキラーを付与する
●レーゲンが味方に悪魔系のキラーを付与する
●レーゲンが敵の防御&精神と、光属性耐性を下げる
●ユウナが敵の杖耐性を下げる
●レイウェルが敵の大剣耐性を下げる(アクスター&クレオメ、レーゲン、レイウェルは、大剣のみを装備する)
●5ターン以内に敵のHPを残り50%以下にして、『タイラントフォース』の使用を阻止する
●『ホーリー+2』を反射するためのカーバンクルは、『ダーガ』が来ない奇数ターンで召喚して、その次のターンでトドメを刺す
●レーゲンとアクスター&クレオメがグループ1でチェイン(アクスター&クレオメはシフト前LBによるタッグアタックで、レーゲンの攻撃終了後もチェインを伸ばす)。そこに、グラーフの『崩壊の日』、エアリスの反射ホーリー、ユウナとレイウェルのシフト後LBを乗せる
●レーゲンは『幼き日の約束』を装備して、チェイン開始直後のダメージを増やす

ダークレイン総ダメージ ダークレインダメージリスト
ダークレインスコア

サンプルパーティB

 比較的多くのユーザーが持っていそうなユニットで、それなりのスコアを出すためのサンプルを紹介する。

サンプルパーティ

セトラの
末裔
エアリス
ザイル 孤高の獅子
スコール
ザナル
カンドの
ティーダ
リド&
ジェイク
ゴールデン
ライザー

狙っている戦術
●黒曜の腕輪の効果で敵の攻撃&魔力を下げるほか、味方に『プロテガ+2』『シェルガ+2』をかけて、受けるダメージを減らす
●エアリスが味方の闇属性耐性を上げる
●エアリスが味方の光属性攻撃を強化する
●エアリスが味方に人系のキラーを付与する
●ザイルが味方に悪魔系のキラーを付与する
●リド&ジェイクが、敵の防御&精神を下げる
●リド&ジェイクとティーダが、敵の光属性耐性を下げる
●5ターン目で倒して、『タイラントフォース』は使わせない
●『ホーリー+2』を反射するためのカーバンクルは、3ターン目か4ターン目で召喚。4ターン目の『ダーガ』でリフレク状態を消費してしまわないように、『ダーガ』は『人造破魔石』で無効化する
●ザイルとリド&ジェイクがグループ16でチェイン。そこに、スコールとティーダのSLB、エアリスの反射ホーリー、ライザーの『たたかう』を乗せる

ダークレイン総ダメージ ダークレインダメージリスト

 このサンプルでは、ライザーは2回攻撃のうち片方しかクリティカルしていないので、少なくとも、あと4億くらいは上乗せ可能。
 なお、サンプルパーティAに比べて全体的にダメージが低めなのは、さまざまな補助効果が一枚落ちるから。ライザー、スコール、ティーダは、グラーフの代わりとしてサンプルパーティAに入れれば、エアリスやユウナと同等かやや多いくらいのダメージは与えられるはず。